» 2015 » 10月のブログ記事

脱毛後のアフターケア

| 脱毛 |

脱毛エステで光脱毛の施術を受けた後の肌は乾燥しやすい状態になっています。
レーザーの熱の影響で肌が敏感になっていて、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります。
脱毛サロンでは施術後のアフターケアも行ってくれるところが多いのですが、自宅に帰ってからの自分で行うケアも重要です。
肌が乾燥していると次回の脱毛時に痛みを感じやすくなるので、しっかり保湿し、肌に潤いを与えてあげましょう。
肌に潤いが与えることによって、肌の状態を良好な状態に保たれ、脱毛効果を上げることができるようになります。
脱毛後の肌は非常にデリケートな状態ですので、保湿のケア用品は、なるべく刺激の少ないものを使いましょう。
ファイス用のスキンケア商品は低刺激で、肌への浸透力も高く、脱毛後の肌の保湿をするのにはうってつけです。
スキンケア商品は、合成化学物質や界面活性剤を含まない天然素材のものを使用するようにしましょう。
ドラッグストアでファイス用化粧水は低価格で購入出来ますので、是非、検討されてみてはいかがでしょうか。

ニードル脱毛とは

| 脱毛 |

15年ほど前までは永久脱毛と言えばニードル脱毛しかありませんでした。
ニードル脱毛とは毛穴に針を差し込んで電気を流し毛根を毛穴の中に挿入する脱毛方法です。
そして、針から電流を流して、毛母細胞を腐食させる脱毛方法です。
ニードル脱毛は毛の流れに挿入するので、5ミリ~1センチくらい、毛を伸ばした状態で施術します。
ニードル脱毛は施術中にかなりの痛みを伴い、費用が高いということで一般的な存在にはなりませんでした。
下手なエステティシャンの施術に当たると内出血を起こす、肌が炎症を起こす、赤みがなかなかひかないといった事例も少なくないようです。
また単価も高く、施術時間や毛髪量によって施術金額が変わってきます。
そのため毛の量が多い人は他の人より多くの金額を払わなくてはなりません。
大手エステでは1000円程度のチケットを大手ファッション誌で配布していますが、クチコミの評判は芳しくないようです。
施術時間もエステティシャンによってまちまちのため、最初に契約した金額にプラスでお金を払うこともあります。

薬と脱毛との関係

| 脱毛 |

脱毛の施術を受ける場合、カウンセリングの際に現在服用している薬があるか聞かれると思います。
薬と脱毛にどのような関連があるのでしょうか。
内服中の薬によっては光に反応して過敏症を起こしてしまうこともあります。
ひどい場合ですと、火傷のような症状を招く危険性が指摘されています。
その代表的な内服薬としては、抗生物質や三環系抗うつ剤、抗不安剤、抗真菌薬等があります。
また、脱毛効果を低下させてしまう薬にホルモン剤があります。
生理不順といった婦人病改善のため服用している人が多い薬ですので、脱毛を考えている人は注意しましょう。
これらのことから、体調が良くない時や薬の服用時の脱毛を受けるのはあまりお勧め出来ません。
ゆっくり休養して体調を万全にしてから施術を受けるのが身体への負担も軽減します。
エステサロンで脱毛を考えている場合にはサロンと医師の両方に脱毛できるか判断してもらったうえで施術を受けることをお勧めします。

脱毛後のケア

| 脱毛 |

脱毛の施術を受けた後はどうしても肌が乾燥しやすくなります。
レーザーや針といった刺激で肌が敏感な状態になっていいるからです。
傷つきやすい状態で、乾燥でヒリヒリや痛みを感じることもあります。
施術後のアフターケアを受けているとは思いますが、それだけでなくホームケアでもしっかり保湿するようにしましょう。
そうすることで肌のコンディションを良好に保つことが出来ますし、脱毛効果を上げることができます。
自己処理での脱毛後も保湿が非常に大事です。
自己処理でカミソリで剃ったりした後は、かゆみや痛みを感じる場合があります。
そんなときは濡らしたタオルなどで肌を冷やし、しっかりクールダウンさせましょう。
ヒリヒリや赤みが治まったら、今度はじっくり保湿するようにしましょう。
保湿ですが、市販の物で手軽に済ませたいという人は、顔用のスキンケア用品を使うことをおすすめします。
脱毛した後の肌は非常に敏感な状態ですので、なるべく刺激の少ないケア用品使用するようにしましょう。
ですので、合成化学物質やミネラルオイル、界面活性剤の入っていない天然素材のものが最適だといえます。