» 2015 » 12月のブログ記事

ヒゲがはえない予防法

| 脱毛 |

口周りの産毛は男性だけではなく、女性にも少なからず見られます。
中には産毛よりも濃いヒゲが生えてくる場合もあるようです。
最近では濃いヒゲに悩まされている女性は少なくないようです。
綺麗な女性の鼻の下に産毛が生えていると男性も流石に引いてしまいますよね。
女性に濃いヒゲが生える原因は、ストレスや過激なダイエットが関係しているようです。
やはり日頃ストレスの無い生活を送り、無理なダイエットは控えるべきです。
そうではなく、クリームやローションといった抑毛ケアを使って口周りの産毛対策をしましょう。
これらは、ヒゲの発毛を抑止する大豆イソフラボンという成分が配合されています。
これらの製品は即効性はありませんが、少しずつヒゲを薄くしていく効果が期待できます。
イソフラボンは女性ホルモンによく似た成分なので、摂ることで、ヒゲの予防効果があります。
また、納豆や豆腐、味噌などの大豆製品を摂るのも良いので積極的に摂取しましょう。

脱毛して良かったこと

| 脱毛 |

脱毛した人のほとんどは、「脱毛してよかった!」と感じていうようです。
無駄毛があって良いことなんてあまりないですものね。

具体的には
・手入れをする時間が減って自分の時間が増えた。
脱毛すれば自己処理をする必要がなくなりますから、その分自分の時間に使えます。
出かける前に無駄毛に気づいて、急いで剃る必要もなくなります。

・毛深いというコンプレックスが消えて自信が持てた。
毛深いことに悩んでいた人にとってはこれが一番良かったことかもしれません。
剛毛の人は剃っても毛穴がプツプツ見えてしまったりしますが、脱毛すれば毛穴も見えにくくるので自信を持って肌を見せることができます。

・水着が自信を持って着れた。
水着の季節には無駄毛は大きな悩みです。
背中などは自分では処理できないし、アンダーヘアがはみ出してしまわないか気になったり。
全身脱毛してしまえばそんな悩みも無用ですね。

一生自己処理を続けるよりも、脱毛してしまえば綺麗になって時間も増えていいこと尽くめですね!

ケノン 楽天

永久脱毛であると認定されている施術方法は、以前から実施されているニードル脱毛だけです。
永久脱毛を希望するなら、ニードル脱毛が間違いがないのですが、多くのデメリットがあります。
ニードル脱毛の費用は高額で、毛の一本一本に対して電気ショックを与えていく方式のため、非常に時間がかかります。
時間がかかるだけならまだ良いのですが、強い痛みを伴うので、オススメすることは出来ません。
メリットとしては皮膚が薄い部位でも施術が可能で、うぶ毛に対しても効果があることです。
一方、皮膚科の医療レーザーやエステの光脱毛についてはニードル脱毛によりも費用が安く、施術時間も短くなります。
皮膚科とエステでのエステ、何れの施術方法にもメリット・デメリットがあります。
皮膚科においては、短期間に半永久的な脱毛が可能ですし、医師がいることで安心して施術を受けられます。
エステでの施術の場合は、半永久的な効果を実感するまでには時間がかかりますが、費用面が割安という長所があります。
皮膚科とエステ、それぞれの特性をよく把握して、あなたに適した脱毛方法でキレイな肌を手に入れましょう。