» 2016 » 3月のブログ記事

体のムダ毛を処理するときに脱毛器を使って自宅で脱毛する女性が増えています。最近の脱毛器は脱毛サロンでするのと変わらない性能の高い商品が出ているので光脱毛できるものもあります。

とはいえ、ユーザーのニーズに応えるほど性能のいい脱毛器は安くなく想像以上に痛かったり、ほとんど使わなくなる人も大勢います。

脱毛サロンやエステサロンで、女性たちの支持を集めているのが、光脱毛といわれる方法です。

こちらは、最新型のフラッシュマシンを使った施術です。何回受けたら効果があるのかは、施術を受ける部位によって様々です。また、個人差などもあるので、事前に、カウンセリングを受ける際に聞いてみてもいいかもしれません。ムダ毛処理に用いられる方式の一つとなるニードル脱毛は、処理するムダ毛の毛穴に針を差して、電流を通し、毛根の部分を焼いて、脱毛していくのです。

施術料金はピンキリなので、カウンセリングなどを使ってみて、質問するといいですね。

脱毛サロンで勧誘を受けた時の断り方としては、きっぱりとお断りすることが大事ですよ。

判断に困っているのも見せたり、返事をきちんとしないで対処とすると、たびたび勧誘をうけることとなるはずです。スタッフはそれがシゴトでもあるため、期待できそうであれば強引にきます。しかし、かつてのような強引な勧誘は規制されていることもあり、ものおもったより強引に契約を迫られることはないでしょう。毛深いタイプの人に関しては、脱毛エステを利用しても満足のいく脱毛ができるようになるまで時間がかかってしまうことが多いようです。たとえば他の人が脱毛完了まで12回通うだけで済むとしたら少し毛深い人はもっと多く、16~18回、さらにそれ以上の回数が必要になることもあり得ます。できれば時間はかけたくないという人は、脱毛クリニックで脱毛してもらった方が短い期間で済むはずです。

とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強く感じるかも知れません。

数ある脱毛エステの中で、自分に合うものを捜すときに押さえておきたいのは、お値段、施術方式、お客様の体験談はどうか、「せっかく時間が取れたのに、予約でいっぱいだった」といったことが頻繁にないか、自宅や会社から行きやすいか、などです。廉価という点で選択してしまっては、辞めておけばよかった、と思うこともありますから、出来る限りトライアルコースなどを申し込むのがよいでしょう。

1日でも早くヘアーレスのキレイな肌に変わりたいと思うでしょうけど、契約書にサインする前によくよく吟味することを忘れないでちょーだい。