ニードル脱毛とは

| 脱毛 |

15年ほど前までは永久脱毛と言えばニードル脱毛しかありませんでした。
ニードル脱毛とは毛穴に針を差し込んで電気を流し毛根を毛穴の中に挿入する脱毛方法です。
そして、針から電流を流して、毛母細胞を腐食させる脱毛方法です。
ニードル脱毛は毛の流れに挿入するので、5ミリ~1センチくらい、毛を伸ばした状態で施術します。
ニードル脱毛は施術中にかなりの痛みを伴い、費用が高いということで一般的な存在にはなりませんでした。
下手なエステティシャンの施術に当たると内出血を起こす、肌が炎症を起こす、赤みがなかなかひかないといった事例も少なくないようです。
また単価も高く、施術時間や毛髪量によって施術金額が変わってきます。
そのため毛の量が多い人は他の人より多くの金額を払わなくてはなりません。
大手エステでは1000円程度のチケットを大手ファッション誌で配布していますが、クチコミの評判は芳しくないようです。
施術時間もエステティシャンによってまちまちのため、最初に契約した金額にプラスでお金を払うこともあります。